「おまとめローンの前に過払いを受取れば融資額を減らせる」のは本当?

「おまとめローンを利用する前に、過払い請求すれば融資額を減らせる」という情報をインターネットで見かけます。

融資額を減らせるという話に魅力を感じて信じてしまいそうになりますが、この論理に落とし穴があるのでご注意ください。

 

複数の貸金業者に借金を返済中の人が、先に過払いを請求すればおまとめローンの融資額が減る理由は以下の通りです。

 

・複数の貸金業者に過払いの請求をする

・過払いが戻ってきて返済中の借金の残りと相殺する

・相殺した結果、残債が減る

・おまとめローンの申請をする

・融資の審査に通ったらおまとめローンの返済がスタートして借金の一本化が完了する

 

さて、どこに論理の落とし穴があるでしょう?

ポイントは、融資の審査に通るかどうか?という点です。

 

返済中の借金に発生している過払い金を請求すると、過払いのお金が戻ってくるまで借金の返済はいったんストップして契約見直しをしたという扱いになり、そのことが信用情報に載ってしまいます。

つまり、ネガティブ情報が信用情報に加わることで、その後新たにローンを組もうとした場合に、審査に通らない可能性が高くなるのです。

 

先におまとめローンの審査を受けた後なら、完済した借金に対する過払いの請求なので、信用情報にネガティブ情報が登録されることはありません。

 

過払いの請求はおまとめローンの審査に通った後でするのが、賢い方法です。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

過払い請求で、新規の借り入れやクレジットカードの作成に問題が生じる・・・?

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

 

ページの先頭へ