銀行とそれ以外の金融機関のおまとめローンのどちらが借金を圧縮できる?

おまとめローンは、借入先を一本化するためのローンであり、銀行が扱っています。

ところが、インターネットの検索機能を使って「おまとめローン」で検索すると、銀行以外の金融機関が扱うおまとめローンがたくさんヒットします。

 

消費者金融、信販会社、カード会社などが販売しているおまとめローンは、銀行が扱っているおまとめローンとは異なる金融商品です。

この違いを知っておかなければ、せっかくおまとめローンに乗り換えるメリットを最大限に生かすことが出来ません。

 

一般消費者が金融機関から融資を受けようとした場合、最も利息が低いのは銀行で、消費者金融など他の貸金業者は銀行より高い利息でお金を貸し出しています。

そのため、銀行以外の貸金業者のおまとめローンに乗り換えた場合、銀行が販売しているおまとめローンより高い利息を払わなければならないので、借金を圧縮する効果が減ってしまうのです。

 

銀行のおまとめローンの仕組みは、以下の通りです

・現在返済中の借金の明細を銀行に申告する

・審査に通ったらその借金を銀行が肩代わりして完済する

・銀行が肩代わりした借金に利息を付けて返済していく

このように、銀行が扱っているおまとめローンは、借金の一本化が目的であることが明確です。

 

一方、銀行以外の金融機関が販売しているおまとめローンは、実際には使用目的が限定されていない「フリーローン」です。

 

確かに、他の借金をまとめるために利用することはできますが、使い道が自由ということは、借りたお金を何に使っても良いという落とし穴が潜んでいます。

 

多重債務を一本化するために借りたローンなのに、旅行に行く費用に使ってしまったり、少しずつ生活費の足しにしたり・・そのようにしていつの間にかせっかく借りたお金が消えていく可能性を秘めているのが、おまとめローンという名称を使ったフリーローンなのでご注意ください。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

おまとめローンの返済方法とは

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

 

ページの先頭へ