総量規制があってもおまとめローンなら大丈夫?

おまとめローンと総量規制の関係について説明します。

 

総量規制とは、個人で借りることができる金額の上限のことで、原則として年収等の3分の1までに制限されています。

ただし、総量規制は貸金業者からの借入れを対象としています。

貸金業者とは、金業者の登録をした会社が貸金業者と呼ばれます。

個人を対象とした貸金業者は以下のとおりです。

◇消費者金融

◇クレジットカード会社

◇信販会社

◇総合リース会社

◇その他流通業者など

 

ここで注目して頂きたいのは、貸金業者には銀行が含まれないことです。

銀行は「銀行法」という法律に従って営業しているので、貸金業法の決まりには縛られないのです。

 

現在、おまとめローンという名称のローンがさまざまな金融機関から発売されていますが、もともと、おまとめローンは銀行が発売している金融商品でした。

そのため、おまとめローンの融資を受ける際に、ローン総額が総量規制の制限を受けることはありません。

 

ただし、あくまでも総量規制の影響を受けないのは、銀行が扱っているおまとめローンです。

貸金業者の登録をしている会社がおまとめローンに似た商品名で販売しているフリーローンは、借金の借り換えに利用することはできても総量規制の対象になることに注意してください。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

おまとめローンの6つの審査基準とは?

 

ページの先頭へ