おまとめローンを利用するか、先に過払いの請求をするか迷ったら

借金を返済中に過払いの請求をすると、債務整理をしたという情報が信用情報に登録されます。

ここで取るべき行動の選択肢が2つあります。

 

一つは、たとえ信用情報が低下したとしても貸金業者に払い過ぎたお金を先に受け取り元金と相殺して借金を減らす方法です。

もう一つは、信用情報が悪化するのを防ぐために、おまとめローンを利用して貸金業者からの借金を完済してから過払いの請求をする方法です。おまとめローンの利息が現在返済中の借金に払っている利息より低ければ、月々の返済額を圧縮できるので、返済が楽になります。

 

ただし、返済中の借金の利息とおまとめローンの利息の差があまりないような場合は、おまとめローンを利用するメリットが薄れることになります。

さらに、おまとめローンを利用しても、おまとめローンを完済するまで利息を払い続けることになることにも忘れてはいけません。

 

貸金業者に発生している払い過ぎたお金の額によっては、現在返済中の借金を完済もしくは大幅に減額できる可能性があります。

このように、おまとめローンを利用するか、過払いを先に請求するのとどちらが得かは、個々の債務状況を分析した上で判断する必要があるので、弁護士の無料相談をご利用ください。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

おまとめローンとはどんなローンなのでしょうか?

おまとめローンを利用するメリットとは?

 

ページの先頭へ