信用情報との関係

過払い請求によって信用情報に傷がつくかを詳しく見ていきましょう。

 

信用情報に傷がつかない場合

①    おまとめローンを使っている場合

過払い請求をする際どこに請求するかというと、おまとめローンで借金をまとめる前の個々の消費者金融に直接請求することになります。

この時、消費者金融に対しては借金を完済していることになります。つまり、消費者金融とはもう取引関係にはありません。

こうなると、過払い請求は債務整理に当たりません。請求も事故情報とはなりません。

取引を終えた金融機関への請求の事実も個人情報保護法により保護されますから、信用情報会社を含めた過払い請求をした会社以外の会社には、その事実は伝わりません。ですから、信用情報が悪くなることはありません。

 

②    おまとめローンを使ってない場合

おまとめローンを使っていない場合は、基本的に信用情報は傷つきます。しかし、例外的に傷がつかない場合があります。

それは、過払い請求を行った結果、現在の借金が完済されてしまうときです。

この場合は債務整理には当たらないので信用情報には問題ありません。過払い請求、それ自体で事故情報が載るのではないかと思われる方もいるかと思いますが、金融庁の通達により平成22年からは請求によって事故情報が記載されることは無くなりましたのでご安心ください。

 

信用情報が傷つく場合

消費者金融と取引をしている最中に過払い請求を行うと、信用情報が傷つくことがあります。

前述のとおり請求により借金が完済されるのであれば問題ないのですが、それでも借金が残っている場合、それは債務整理の1つとなってしまいます。なので、信用情報機関には「債務整理」と記載されてしまいますので信用情報は悪くなってしまいます。

 

これらのことを見てみると、一言でいえば借金を完済していればすべて問題ないということになります。

おまとめローンで借り入れること自体は何ら問題がありませんので、おまとめローンを組んだからといって過払い請求で不利になるようなことはありません。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの比較

おまとめローンの返済方法とは

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

ページの先頭へ