おまとめローンの利息は、傍観していると今後上昇する可能性も・・・

あなたが返済中の借金は何年前に借りたものでしょう?

市中金利は景気の動向に左右され、景気が良い時は高く、景気が悪くなると下がります。

日本の景気が良かった1970年代後半から1980年代は、バブル景気で現金決済以外の取引や金融商品の売買で経済が潤いました。

 

つまりモノを売買するのではなく、金融商品という形がないモノを取引することでお金が回っていたことからバブル(泡)という名前が付いたのです。

泡はいつかははじけます。

景気は1990年代に突入すると急激に冷え込み、それに従って金利も下がっていきました。

しかし、消費者がいったん借りたお金は、契約時の利息で返済しなければなりません。

つまり、消費者にとっては不景気の今の方が圧倒的に低金利でお金を借りることができるのです。

景気が悪いと給料もなかなか上がらず、モノの売れ行きも今イチですが、お金を借りる時の利息に関しては、バブル時代よりお得というわけです。

 

景気が上向けば日本銀行が金利を上げ、真っ先に金融機関の利息が影響を受けて貸し出し金利が上がります。

低金利のおまとめローンを利用することを検討している方は、市中金利の動向に注意しながら、金利が上がらないうちに申し込むと良いでしょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンとは

おまとめローンの審査

おまとめローンを利用するメリット

ページの先頭へ