受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

過払いを請求して、借金の減額や利息の減免を貸金業者と交渉した場合、債務整理をしたことになるので信用情報に登録されます。

債務整理は事故情報の一種なので、その後数年間は、新たにローンを組もうとしても審査に通らないことがあります。

 

そのため複数の借金を長年返済し続けて過払いが発生している可能性がある人が、それを取り戻しつつ低金利のおまとめローンに乗り換えたいという場合は、まずおまとめローンの申し込みをしてからその請求をするのが得策です。

この順序が逆になると、信用情報を調べた銀行がおまとめローンの審査を通さない可能性が高いのでくれぐれも順序を間違えないようにしてください。

 

巷では「おまとめローンを組むと借金を完済したことになるので過払いの請求手続きが複雑になる」などという解説をしている個人サイトがありますが、そのような誤った情報を鵜呑みにしないようにしてください。

 

ただし、一つだけ、過払いを受け取ってからおまとめローンの申し込みをしても大丈夫なパターンがあります。

それは、借金の残りの額より払い過ぎた利息の方が多い場合です。

そのようなケースでは、借金を減額したことにはなりませんし、過払いの請求という行為が信用情報に登録されることもありません。

 

しかし、自分の借金の額と払い過ぎたお金のどちらが多いかということを個人で把握するのは困難です。

正確な過払いの金額を算定して、今後の道のりを決めたい方は一度無料相談でご相談いただければと思います。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの審査

過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

過払い請求すると今のおまとめローンはどうなるのか?

ページの先頭へ