請求で、新規の借り入れやクレジットカードの作成に問題が生じる・・・?

貸金業者から借入がある方が過払いの請求をすると、それが確定して支払いが行われるまで、借金の返済はストップします。月々の返済義務が一時的にでもなくなるのなら、一刻も早く請求をしたい!と思う方がいるでしょう。しかし、この借金の返済の一時的な中断には、思わぬワナが潜んでいます。

借金の返済をストップするということは、契約上の支払い義務が遅れているということになります。すると、「支払停止」という情報が、信用情報のデータベースに記録されてしまうのです。

 

信用情報に載った記録は、一定期間が過ぎれば削除されるので、一生不利になることはありません。しかし、新規の借り入れをしたり、新しくクレジットカードを作る際には、金融機関は必ず信用情報を確認するので、申請が却下される可能性があります。

 

しかし、おまとめローンを先に申し込むことで、この問題を解決できます。

おまとめローンで複数の借金をまとめることで、利息が下がるので月々の返済額は減りますから、これまでと同じ金額を返済に充てるとすれば、借金の完済時期がぐっと早まります。

すべての借金を完済した後なら、クレジットカードの申し込みなどに何も支障はありません。

 

このように、ちょっとした手順の違いであなたの信用情報が良くも悪くもなるのです。

過払いの請求をする場合は、無料相談を積極的に利用して慎重に手続きを進めてください。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

過払い請求とクレジットカードの関係

おまとめローンの審査

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

ページの先頭へ