過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

複数の借金を長年に渡って返済してきた方に過払いが発生している可能性があるとします。取引履歴を取り寄せて計算した結果、その金額もはっきりして、あとは貸金業者に請求をするだけという場合、先に請求して現金を手にしたいと思うのはごく自然な成り行きです。

しかし、ここでちょっと我慢をして、先に複数の借金をおまとめローンでまとめることを検討してほしいのです。

 

過払いを受け取っても借金を完済できない場合が問題

現金として手元に戻って来るのは、借金の残りの金額より過払いの方が多いケースです。借金の残りが30万円あり、20万円を取り戻したとしても、借金と相殺して残りの10万円は返済しなければなりません。

金融機関では、返還した後で残りの借金の返済を行う契約者に関して信用情報に「契約の見直しをした」として記録します。つまり債務整理をしたと見なされるので、将来にわたって一定期間の間、新規の借り入れをする際に影響があります。

おまとめローンの申請を行っても、信用情報を閲覧した金融機関がローンの申請を却下する可能性が高いと言えます。

過払いの請求をして、借金の残りは大幅に減ったとは言え、その後も複数の貸金業者に借金を返済する生活に変わりはありません。

そのようなリスクを避けるには、先におまとめローンの申請をするべきです。その金額がいくらになるか、それを受け取っても完済できないか?といったことは、個人ではなかなかわかりにくいので、気軽に無料相談をご利用ください。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

クレジットカードとの関係

住宅ローンとの関係

信用情報との関係

ページの先頭へ