おまとめローンとは

おまとめローンは、銀行が主体となって行っているローンです。

複数の消費者金融から高金利でお金を借り、毎月の返済に苦しんでいる方を対象とした借り換えローンとして登場しました。

このローンの目的は、返済先を一本化することで毎月の返済額を減らすことです。現在の借金の返済資金をおまとめローンで融資をすることで、複数の消費者金融からの借金をまとめて完済できます。

 

おまとめローンはいつから始まったのか?

おまとめローンは2000年代後半に登場した比較的新しいローンです。

それには次のような背景が存在します。

1990年代にバブル経済の崩壊が起こり、日本は一気に不景気に陥りました。それを発端として、債務超過を原因とする大手金融機関の経営破たんや事実上の倒産などが起こりました。

 

そのため、大手金融機関はメガバンク同士の合併がなどにより経済危機を乗り越えました。

その一方で、中規模以下の銀行は増え続ける多重債務者の対する「おまとめローン」を導入しました。

 

いくらくらいまで借りられるのか?また、金利はどのくらいか?

このような背景から誕生したおまとめローンですが、「一体いくら借りれるのだろうか?」「どのくらいの金利なのだろうか?」という疑問をお持ちではないでしょうか?

 

おまとめローンの限度額ですが、法律で明確な基準が決まっているわけではなく、限度額は業者によって変わってきます。最大で500万から600万程度です。

 

おまとめローンの金利は、利息制限法の範囲で定められた範囲内で業者によって異なるのですが、おおよそ3%から18%程度です。

 

このように限度額と金利に開きがあるので、おまとめローンの業者選びは慎重に行なう必要があります。

 

カードローンとは違うのか?

おまとめローンはカードローンとは「他社取引が多くて信用情報に問題があっても借りやすい」という点において異なります。

 

カードローンは、他社取引が多いとそもそもカードを作ってもらえないのですが、おまとめローンは、元々複数のローンをまとめる目的のローンなので、他社取引に関して寛容なため、カードローンよりも借りやすいという利点があります。

 

おまとめローンは、複数の消費者金融からの借金をまとめて完済し、返済先を一本化することで毎月の返済額を減らしたい方に最適なローンだと言えます。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

銀行とそれ以外の金融機関のおまとめローンのどちらが借金を圧縮できる?

「過払い請求前におまとめローンは利用しない方が良い」という噂は本当?

 「おまとめローンの前に過払いを受取れば融資額を減らせる」のは本当?

ページの先頭へ