おまとめローンの審査

毎月の返済の負担を軽減してくれるおまとめローンですが、誰もが利用できるものではありません。他のローンと同じく審査があるためです。

では、その審査はどのような内容なのでしょうか?

 

審査の基準は各金融機関で多少の差異はありますが、主に6つの項目で判断されます。

ここでは、おまとめローンの6つの審査基準についてお話いたします。

 

1.勤続年数は何年なのか?

勤続年数は重要視されるポイントです。最低六ヶ月間、会社によっては1年以上の勤務実績が必要です。

複数の借金を一本化するので、おまとめローンで返済する期間は必然的に長くなることがあります。

勤続年数は、借金を返す期間中、働き続けることが出来るかどうかを見るポイントになるのです。

 

2.安定した収入が得られる職種であるか?

基本的に正社員であれば問題なくこの項目はクリアできます。

ただ、無収入や無職の人はお金を貸してもらえず、アルバイトやパート、自営業、専業主婦の方も審査に通ることは難しくなります。

しかし、金融機関によってはアルバイトやパート、自営業、専業主婦の方でも借りられるところもあります。

 

3.信用情報の状態に問題はないか?(事故情報など、いわゆるブラックリストではないか)

まとめた先の一企業に対してのみに多額の負債がかかることになりますので、当然ではありますが、10万から50万円程度の通常のキャッシングの審査よりも信用情報の評価は厳しくなります。

 

ひと月に3件以上のローンなどの申し込みを行なった場合は、多重申込みとみなされてしまいます。

これは俗に「申込みブラック」と呼ばれ、何回も申込みをしたが拒否された事実が事故情報として個人信用情報センターに登録されてしまいます。

そうなると、おまとめローン自体の審査には通らなくなってしまいますのでご注意ください。

 

4.他社の借入れ件数

他社1件から300万円を借りている人と、他社8件から50万円を借りている人とでは、どちらの人の方が信用が高いと思いますか?

実は、前者の方がはるかに信用度は高いのです。

前者は他社1件から300万円借りることが出来る信用がある人と見られ、後者は50万円を借りるのに他社8件必要な人であると見られるのです。

ここから、借金総額が多くても件数が少なければ審査に通る可能性が高いことが分かります。

 

また銀行系のおまとめローンには特に厳しい条件があり、他社借り入れ件数が3件まででなければほとんどの場合において融資を受けられません。

そういった他社借入件数が4件以上の方は、銀行系以外のおまとめローンサービスを検討しましょう。

 

5.他社から借りている借金の総額

年収の3分の1を超える借り入れがある場合は、審査に通りません。

例えば、年収300万の人が、消費者金融やクレジットカードで120万の借金を作った場合、年収300万の3分の1を超える借金があるため、おまとめローンの審査に通りません。

年収300万の方の場合、借金の総額を100万未満にしましょう。

 

6.ローン全額の借り換え

 おまとめローンは「ローン全額の借り換えをすること」を条件としています。

ですから、多くの他社借り入れがある人が、数社分の借り入れを隠して申し込みをすると、それは契約条項違反となります。

これは、調べると分かる情報ですので、お申し込みの際には嘘を伝えず、正確な情報をお伝えいただき、申し込みをする必要があります。

 

 

おまとめローンは以上6つの審査基準で審査がなされます。

すべての会社のおまとめローンサービスで行なわれている訳ではありませんが、主にこれら6つの審査基準で受付を行なうのかを決めているようです。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

過払い請求と信用情報の関係

ページの先頭へ