おまとめローンと消費者金融の違い

おまとめローンは消費者金融と同じではないのだろうか?

おまとめローンは、消費者金融とどういった点で違いがあるのだろうか?

 

そんな不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、おまとめローンと消費者金融の5つの違いについてお話いたします。

 

1.利が違う

最も大きな違いは金利です。消費者金融の上限金利は下がったとはいえ18%程度です。それに比べおまとめローンは14%程度なので、おまとめローンの方が安い金利でお金を借りることができます。

 

2.限度額が違う

消費者金融の場合は原則として50万円~100万円程度と言われていますが、おまとめローンの場合は最大300万~1000万円程度借りることができるそうです

 

3.生活への影響が違う

お金を借りる時、何かしら生活への支障が出ると思われます。

しかし、貸し手によって、その生活への支障の程度は随分と違ったものになります。

貸し手とは、銀行と消費者金融のことなのですが、どちらから借りたとしても負債を背負っているという点では実質同じです。ただ貸し手が全く異なるが為に、トラブルが起こった時の対応などが違ったものになってきます。

 

例えば返済日を過ぎてしまった場合の取り立ての方法です。

・消費者金融の場合

最近では昔のような暴力的な取り立ては少なくなってきたものの、返済時刻を1分でも遅れたら催促の電話がかかってくることもあるそうです。

・銀行系のおまとめローンの場合

返済日を1週間ほど過ぎた頃に「返済日をお忘れではないでしょうか」といった丁寧な内容のハガキが届くといったようなものです。

 

貸し手が異なるだけで、このような違いが生じ、生活への圧迫感や不快感を大きく左右するものになると考えられます。

 

4.信用情報の評価が違う

信用情報の評価は、新たに他のローンを組む際に違いが表れます。

一般的に消費者金融への評価は低いようで、消費者金融から借りている人々はどうしても敬遠されてしまうことが多いようです。それに比べ銀行系のおまとめローンの場合、信用情報的にも優遇されるそうです

 

5.世間体からの目が違う

どこから借りているかということは、金融会社からの評価だけではなく身内からの評価にも大きく影響します。

「銀行から借りている」という言葉は相手に安心感を与えます。それは、銀行からお金を借りるという行為は一般の個人商店や企業でも一般的に行われており、立派な経済活動の一部という社会認識があるためです。

対して消費者金融からの借金は、切羽詰まった印象を与えかねません。

この点で、消費者金融を利用する事とおまとめローンを利用する事は、随分と違った印象を世間に与えることになります。

 

おまとめローンと消費者ローンの相対関係がなんとなく理解できたかと思います。それでは、次におまとめローンのメリットを具体的に見ていきましょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの返済方法とは

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払い請求すると今のおまとめローンはどうなるのか?

ページの先頭へ