おまとめローンVS債務整理

「今ある借金を減らすことは出来ないだろうか?」

そんな悩みをお持ちの方はおられませんでしょうか。

 

ここでは、借金を減らす2つの方法についてお話いたします。

1つ目はおまとめローンを使って借金を完済し、その後過払い請求するという方法です。

2つ目はおまとめローンは使わず債務整理をする方法です。

それぞれのメリット・デメリットを挙げ比較していきます。

 

1.おまとめローンを利用した後に過払い請求する場合のメリットとデメリット

おまとめローンは信用情報が悪くならないところがメリットです。

おまとめローンで今ある借金を完済しても信用情報は悪くなるどころか、銀行からの借り入れ一本になるために、信用情報は改善する可能性もあります。

そのため新しくクレジットカードを作ることも出来ますし、新たに消費者金融からお金を借りることも可能です。

場合によっては住宅ローンを組むこともできるそうです。また、おまとめローン利用後に過払い請求をした際に、信用情報が傷つかないという事もメリットです。

 

一方、手間がかかることがおまとめローンのデメリットです。

銀行からの融資を受けるための審査を受けなければならないので、その手間がかかります。

 

つまり、銀行から融資を受けるための審査の手間をかけても良いという方は、おまとめローンを使って借金を完済するメリットが存在します。

 

2.債務整理をする場合のメリットとデメリット

債務整理のメリットは、借金の減額効果が強いことです。

過去に高金利で払っていた消費者金融に対しての債務整理の場合、払いすぎていた分借金の総額を減らすことができます。更に金利を0%にした上で3~4年の分割払いで残りの借金を返済することが出来るようになります。

この点が大きなメリットになります。

 

デメリットは信用情報が悪くなってしまうことです。

そのため新たに消費者金融から新たに借りることが出来なくなりますし、新たにクレジットカードを作ることはもちろん、既存のクレジットカードも使えなくなります。

また将来住宅ローンも組むことも難しくなってしまいます。

つまるところ、金銭的負担が大幅に軽減されるが今後の不利益も多い債務整理は、「おまとめローンが組めない方」に向いていると言えます。

 

このようにおまとめローンと債務整理は大きく違い、メリット・デメリットもはっきりしています。自分の経済状況や今後の予定、それらを鑑みてどちらが良いのかよく吟味するとよいでしょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

過払い請求すると今のおまとめローンはどうなるのか?

ページの先頭へ