Archive for the ‘おまとめローンQ&A’ Category

おまとめローンをしてから請求して損することはありませんか?

2013-03-22

 ご質問:

おまとめローンをしてから過払い請求して損することはありませんか?

 

 

弁護士からの回答:

おまとめローンに借り換えれば返済中の借金は完済したことになり、信用情報を低下させずに過払いの請求ができます。

 

過払いとおまとめローンの関係について、インターネット上では正反対の意見が散見するのを見かけます。

 

おまとめローンの利用について否定的な意見とは次のようなものです。

 

おまとめローンを契約すると、数年間もずっと返済が続くので返済が大変。だからいつまでも貯蓄ができない状態が続く。

おまとめローンの利用期間が長いということは、毎月の返済額が少なくなるので、逆に貯蓄をする余裕が生まれます。

 

おまとめローンに乗り換えずに過払いを請求して任意整理を行えば、借金が大幅に減るか、うまくいくと借金がゼロになるから任意整理と過払いの請求をした方が得だ

任意整理は「債務整理」の一種であり、信用情報の低下を招くので、住宅ローンの利用を断られるなど生活に支障をきたす恐れがあります。

 

完済した後から過払いの請求をしても貸金業者から相手にされない恐れがあるので、それが戻ってこなくなるリスクを背負うことになる

完済した借金に発生している過払いを取り戻すのは借りた人の権利なので、それが戻ってこなくなるといった恐れはありません。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

おまとめローンの比較

おまとめローンVS債務整理

過払い請求で、新規の借り入れやクレジットカードの作成に問題が生じる・・・?

 

おまとめローンを利用しても、月々の返済が楽にならないことがありますか?

2013-03-22

ご質問:

おまとめローンを利用しても、月々の返済が楽にならないことがありますか?

 

 

弁護士からの回答:

現在返済中の利息との差があまりない場合は、以前と比べて支払いがそれほど楽にならない場合もあります。

 

おまとめローンに借り換えるメリットは、現在返済中の借金に適用されている利息より低い利息になることです。

ですから、現在の利息と大差のないおまとめローンに借り換えても、月々の返済額があまり変わらず、支払いが楽になったという実感を得られない可能性があります。

 

利息制限法と出資法が改正された2010年6月18日以降は、20%を超える利息で貸付をすると出資法違反となり処罰されるようになりました。

消費者金融を含め、貸金業者は、以前のよう法定利息を超える高金利で貸出をしなくなり、業者間の利息の差も縮まってきました。

 

そのため、比較的最近の借金に関しては、おまとめローンとの金利差があまりない可能性があります。

 

ご自分が返済中の借金と利息の一覧を作って、それぞれに何パーセントの利息を支払っているか確認してみましょう。

支払っている利息の平均とおまとめローンの利息の差が大きければ大きいほど、おまとめローンに借り換えるメリットが大きいと言えます。

 

おまとめローンの融資額が、ご自分の借金の総額を上回っているかどうかの確認も忘れないでください。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

おまとめローンの利息は、傍観していると今後上昇する可能性も・・・

おまとめローンを利用するメリット

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

 

人気上位は消費者金融系列だと見かけますが、どこのおまとめローンがお勧めですか?

2013-03-22

ご質問:

おまとめローンの人気ランキング上位は消費者金融系列の商品ですが、どこのおまとめローンがお勧めですか?

 

 

弁護士からの回答:

おまとめローンを選ぶ時は、できるだけ利息が低い金融商品を選ぶことが大事です。

 

おまとめローンに乗り換える最大のメリットは、利息が下がることです。

その結果、借金を完済するまでに支払う総額が減るため、総額を返済回数で割った月々の返済額も少なくなります。

 

ですから、さまざまなおまとめローンの中から、できるだけ利息が低い商品を選ぶことが大事です。

 

数パーセント程度の利息の差なら大した違いはないだろうから、融資が甘いところから借りたいと思うかもしれません。

利息の差がどのくらい返済に影響するのでしょうか。

一例を挙げます。

 

300万円借りて10年で返済する場合の返済総額は、利息10%なら4,757,339円、利息15%の場合は5,808,002円。

返済総額に100万円以上の差が生じるのです。

 

最近は消費者金融が銀行グループの傘下に入り、消費者金融のブランド名でも銀行系列に加わって商品を販売しており、消費者金融と銀行の境目があいまいになりつつあります。

しかし一般に、銀行が扱う金融商品は、消費者金融のローンより利息が低く設定されています。

利息は、公定歩合や景気の動向など様々な要因で変動するので、最新の情報を入手して比較検討してください。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

おまとめローンの返済方法とは

利息が安くなるので、返済総額を減らすことができるおまとめローン

過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

 

ページの先頭へ