Archive for the ‘おまとめローンについて 知っておきたい事’ Category

おまとめローンの利息は、傍観していると今後上昇する可能性も・・・

2012-12-29

あなたが返済中の借金は何年前に借りたものでしょう?

市中金利は景気の動向に左右され、景気が良い時は高く、景気が悪くなると下がります。

日本の景気が良かった1970年代後半から1980年代は、バブル景気で現金決済以外の取引や金融商品の売買で経済が潤いました。

 

つまりモノを売買するのではなく、金融商品という形がないモノを取引することでお金が回っていたことからバブル(泡)という名前が付いたのです。

泡はいつかははじけます。

景気は1990年代に突入すると急激に冷え込み、それに従って金利も下がっていきました。

しかし、消費者がいったん借りたお金は、契約時の利息で返済しなければなりません。

つまり、消費者にとっては不景気の今の方が圧倒的に低金利でお金を借りることができるのです。

景気が悪いと給料もなかなか上がらず、モノの売れ行きも今イチですが、お金を借りる時の利息に関しては、バブル時代よりお得というわけです。

 

景気が上向けば日本銀行が金利を上げ、真っ先に金融機関の利息が影響を受けて貸し出し金利が上がります。

低金利のおまとめローンを利用することを検討している方は、市中金利の動向に注意しながら、金利が上がらないうちに申し込むと良いでしょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンとは

おまとめローンの審査

おまとめローンを利用するメリット

おまとめローンとは

2012-09-12

おまとめローンは、銀行が主体となって行っているローンです。

複数の消費者金融から高金利でお金を借り、毎月の返済に苦しんでいる方を対象とした借り換えローンとして登場しました。

このローンの目的は、返済先を一本化することで毎月の返済額を減らすことです。現在の借金の返済資金をおまとめローンで融資をすることで、複数の消費者金融からの借金をまとめて完済できます。

 

おまとめローンはいつから始まったのか?

おまとめローンは2000年代後半に登場した比較的新しいローンです。

それには次のような背景が存在します。

1990年代にバブル経済の崩壊が起こり、日本は一気に不景気に陥りました。それを発端として、債務超過を原因とする大手金融機関の経営破たんや事実上の倒産などが起こりました。

 

そのため、大手金融機関はメガバンク同士の合併がなどにより経済危機を乗り越えました。

その一方で、中規模以下の銀行は増え続ける多重債務者の対する「おまとめローン」を導入しました。

 

いくらくらいまで借りられるのか?また、金利はどのくらいか?

このような背景から誕生したおまとめローンですが、「一体いくら借りれるのだろうか?」「どのくらいの金利なのだろうか?」という疑問をお持ちではないでしょうか?

 

おまとめローンの限度額ですが、法律で明確な基準が決まっているわけではなく、限度額は業者によって変わってきます。最大で500万から600万程度です。

 

おまとめローンの金利は、利息制限法の範囲で定められた範囲内で業者によって異なるのですが、おおよそ3%から18%程度です。

 

このように限度額と金利に開きがあるので、おまとめローンの業者選びは慎重に行なう必要があります。

 

カードローンとは違うのか?

おまとめローンはカードローンとは「他社取引が多くて信用情報に問題があっても借りやすい」という点において異なります。

 

カードローンは、他社取引が多いとそもそもカードを作ってもらえないのですが、おまとめローンは、元々複数のローンをまとめる目的のローンなので、他社取引に関して寛容なため、カードローンよりも借りやすいという利点があります。

 

おまとめローンは、複数の消費者金融からの借金をまとめて完済し、返済先を一本化することで毎月の返済額を減らしたい方に最適なローンだと言えます。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

銀行とそれ以外の金融機関のおまとめローンのどちらが借金を圧縮できる?

「過払い請求前におまとめローンは利用しない方が良い」という噂は本当?

 「おまとめローンの前に過払いを受取れば融資額を減らせる」のは本当?

おまとめローンの比較

2012-09-12

現在では多くの企業がおまとめローンを提供しています。

以下に簡単なリストを掲載しておくのでご参考程度にご覧ください。

 

≪金利を比較≫

● 住信SBIネット銀行のネットローン【プレミアムコース】・・・3.5%~10.0%

● 東京スター銀行「スターワンバンクローン」・・・年率4.6%~13.6%(別途保証料年1.2%)

● 楽天銀行スーパーローン・・・4.9 %~14.5%

● オリックスクレジット「カードレスVIP」・・・3.5%~14.6%

● 東京スター銀行「バンクベスト」・・・14.8%

● オリックスVIPローンカード・・・3.5%~14.8%

● アイフル・・・6.8~18.0%

● イオン銀行カードローン・・・14.8%

● SMFGグループ「プロミス」・・・6.3%~17.8%※30日間無利息サービス(プロミスポイントサービスにお申込された方が対象))

● オリックス銀行 カードローン・・・3.0% ~17.8%

● 三菱UFJフィナンシャル・グループ≪アコム≫・・・4.7%~18.0%

● 三菱東京UFJ銀行系 モビット ・・・4.8%~18.0%

 

≪限度額を比較≫

● 東京スター銀行「スターワンバンクローン」・・・1000万円

● オリックス銀行 カードローン・・・最高800万円

● オリックスVIPローンカード・・・最高800万円

● オリックスクレジット「カードレスVIP」・・・最高800万円

● 住信SBIネット銀行のネットローン【プレミアムコース】・・・700万円

● 東京スター銀行「バンクベスト」・・・500万円

● 三菱東京UFJ銀行系 モビット・・・500万円

● アコム・・・500万円

● アイフル・・・300万円

● SMFGグループ「プロミス」・・・300万円(※30日間無利息サービス(プロミスポイントサービスにお申込された方が対象))

● イオン銀行カードローン・・・10万、30万、50万円

 

金利が安いところでまとめるべきか、それとも限度額が高いところでまとめるべきか、判断に迷う事と思います。

おまとめローンを申し込む際に、金利や限度額を比較し、申し込み先を考える事も大事ですが、もう一つ考えなければならない事があるのです。

それはローンサービスの審査の条件なのです。

 

「このローンが良さそうだから申し込もう」と思っても、申し込みの次に必ず審査が行われ、受付がなされるかが判断されます。

そして、ひと月に3回以上申し込みを行なった場合は、多重申込みと見なされ、ローンの審査に通らなくなってしまいます

 

このようにちょっとした事でおまとめローンの審査に影響が及ぶことがあります。

申し込みを行なう前に、「おまとめローンの審査」について知っておくことをおすすめします。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンを利用するメリット

おまとめローンと消費者金融の違い

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

おまとめローンと消費者金融の違い

2012-09-12

おまとめローンは消費者金融と同じではないのだろうか?

おまとめローンは、消費者金融とどういった点で違いがあるのだろうか?

 

そんな不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、おまとめローンと消費者金融の5つの違いについてお話いたします。

 

1.利が違う

最も大きな違いは金利です。消費者金融の上限金利は下がったとはいえ18%程度です。それに比べおまとめローンは14%程度なので、おまとめローンの方が安い金利でお金を借りることができます。

 

2.限度額が違う

消費者金融の場合は原則として50万円~100万円程度と言われていますが、おまとめローンの場合は最大300万~1000万円程度借りることができるそうです

 

3.生活への影響が違う

お金を借りる時、何かしら生活への支障が出ると思われます。

しかし、貸し手によって、その生活への支障の程度は随分と違ったものになります。

貸し手とは、銀行と消費者金融のことなのですが、どちらから借りたとしても負債を背負っているという点では実質同じです。ただ貸し手が全く異なるが為に、トラブルが起こった時の対応などが違ったものになってきます。

 

例えば返済日を過ぎてしまった場合の取り立ての方法です。

・消費者金融の場合

最近では昔のような暴力的な取り立ては少なくなってきたものの、返済時刻を1分でも遅れたら催促の電話がかかってくることもあるそうです。

・銀行系のおまとめローンの場合

返済日を1週間ほど過ぎた頃に「返済日をお忘れではないでしょうか」といった丁寧な内容のハガキが届くといったようなものです。

 

貸し手が異なるだけで、このような違いが生じ、生活への圧迫感や不快感を大きく左右するものになると考えられます。

 

4.信用情報の評価が違う

信用情報の評価は、新たに他のローンを組む際に違いが表れます。

一般的に消費者金融への評価は低いようで、消費者金融から借りている人々はどうしても敬遠されてしまうことが多いようです。それに比べ銀行系のおまとめローンの場合、信用情報的にも優遇されるそうです

 

5.世間体からの目が違う

どこから借りているかということは、金融会社からの評価だけではなく身内からの評価にも大きく影響します。

「銀行から借りている」という言葉は相手に安心感を与えます。それは、銀行からお金を借りるという行為は一般の個人商店や企業でも一般的に行われており、立派な経済活動の一部という社会認識があるためです。

対して消費者金融からの借金は、切羽詰まった印象を与えかねません。

この点で、消費者金融を利用する事とおまとめローンを利用する事は、随分と違った印象を世間に与えることになります。

 

おまとめローンと消費者ローンの相対関係がなんとなく理解できたかと思います。それでは、次におまとめローンのメリットを具体的に見ていきましょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの返済方法とは

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払い請求すると今のおまとめローンはどうなるのか?

おまとめローンの審査

2012-09-12

毎月の返済の負担を軽減してくれるおまとめローンですが、誰もが利用できるものではありません。他のローンと同じく審査があるためです。

では、その審査はどのような内容なのでしょうか?

 

審査の基準は各金融機関で多少の差異はありますが、主に6つの項目で判断されます。

ここでは、おまとめローンの6つの審査基準についてお話いたします。

 

1.勤続年数は何年なのか?

勤続年数は重要視されるポイントです。最低六ヶ月間、会社によっては1年以上の勤務実績が必要です。

複数の借金を一本化するので、おまとめローンで返済する期間は必然的に長くなることがあります。

勤続年数は、借金を返す期間中、働き続けることが出来るかどうかを見るポイントになるのです。

 

2.安定した収入が得られる職種であるか?

基本的に正社員であれば問題なくこの項目はクリアできます。

ただ、無収入や無職の人はお金を貸してもらえず、アルバイトやパート、自営業、専業主婦の方も審査に通ることは難しくなります。

しかし、金融機関によってはアルバイトやパート、自営業、専業主婦の方でも借りられるところもあります。

 

3.信用情報の状態に問題はないか?(事故情報など、いわゆるブラックリストではないか)

まとめた先の一企業に対してのみに多額の負債がかかることになりますので、当然ではありますが、10万から50万円程度の通常のキャッシングの審査よりも信用情報の評価は厳しくなります。

 

ひと月に3件以上のローンなどの申し込みを行なった場合は、多重申込みとみなされてしまいます。

これは俗に「申込みブラック」と呼ばれ、何回も申込みをしたが拒否された事実が事故情報として個人信用情報センターに登録されてしまいます。

そうなると、おまとめローン自体の審査には通らなくなってしまいますのでご注意ください。

 

4.他社の借入れ件数

他社1件から300万円を借りている人と、他社8件から50万円を借りている人とでは、どちらの人の方が信用が高いと思いますか?

実は、前者の方がはるかに信用度は高いのです。

前者は他社1件から300万円借りることが出来る信用がある人と見られ、後者は50万円を借りるのに他社8件必要な人であると見られるのです。

ここから、借金総額が多くても件数が少なければ審査に通る可能性が高いことが分かります。

 

また銀行系のおまとめローンには特に厳しい条件があり、他社借り入れ件数が3件まででなければほとんどの場合において融資を受けられません。

そういった他社借入件数が4件以上の方は、銀行系以外のおまとめローンサービスを検討しましょう。

 

5.他社から借りている借金の総額

年収の3分の1を超える借り入れがある場合は、審査に通りません。

例えば、年収300万の人が、消費者金融やクレジットカードで120万の借金を作った場合、年収300万の3分の1を超える借金があるため、おまとめローンの審査に通りません。

年収300万の方の場合、借金の総額を100万未満にしましょう。

 

6.ローン全額の借り換え

 おまとめローンは「ローン全額の借り換えをすること」を条件としています。

ですから、多くの他社借り入れがある人が、数社分の借り入れを隠して申し込みをすると、それは契約条項違反となります。

これは、調べると分かる情報ですので、お申し込みの際には嘘を伝えず、正確な情報をお伝えいただき、申し込みをする必要があります。

 

 

おまとめローンは以上6つの審査基準で審査がなされます。

すべての会社のおまとめローンサービスで行なわれている訳ではありませんが、主にこれら6つの審査基準で受付を行なうのかを決めているようです。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

過払い請求と信用情報の関係

おまとめローンを利用するメリット

2012-09-12

消費者金融と比べるとおまとめローンを利用するメリットは多々ありますが、その中で特に大きなメリットとして考えられるものを簡単に5つ挙げます。

 

1.金利が低い

おまとめローンの上限金利は14%程度であるため比較的低い金利設定であると言えます。

 

2.手間を軽減できる

複数の会社からの借り入れがある場合は、各社とも月々の最低返済額があるため、毎月末に複数の借り入れ先に足を運ばなければなりません。もしATMを利用する場合は手数料も必要になってくるので、その負担額も借り入れ先が多ければ多いほど大きくなります。

 

3.毎月の返済額を減らすことが出来る

通常借りる金額が大きくなれば、金利は下がります。そのため、複数の借り入れ先をおまとめローンで1つにすると、金利が下がりその分月々の返済額が減りますので、完済も早くなるのです。

 

4.信用情報が悪くならない

信用情報を決定するにあたり、重要視されるのは借り入れ総額よりも借り入れ件数だそうです。

つまり、おまとめローンを利用して複数の借り入れを完済し1本にまとめると、信用情報を悪くするどころか、信用情報の改善さえも期待できるそうです。

更にその借り手が銀行からだとすると信用情報は更に良くなる可能性があります。

一端完済するので、過払い請求をする際にも信用情報が悪くならないのです。

 

5.生活への支障が少ない

消費者金融からお金を借りていると場合は、身内に説明しにくいという人も、銀行からだとすると家族へも秘密にすることなく済んだという人も多いようです。

 

このような点で消費者金融よりもあなたにメリットがあるため、おまとめローンを利用した借り換えをおすすめします。

もし、現在のあなたの債務の状況に不安があり、おまとめローンを利用するという一歩が踏み出せないのなら、無料相談でご相談いただければと思います。

私どもがあなたの不安を解決いたします。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの返済方法とは

過払い請求と信用情報の関係

過払い請求で、新規の借り入れやクレジットカードの作成に問題が生じる・・・?

おまとめローンVS債務整理

2012-09-12

「今ある借金を減らすことは出来ないだろうか?」

そんな悩みをお持ちの方はおられませんでしょうか。

 

ここでは、借金を減らす2つの方法についてお話いたします。

1つ目はおまとめローンを使って借金を完済し、その後過払い請求するという方法です。

2つ目はおまとめローンは使わず債務整理をする方法です。

それぞれのメリット・デメリットを挙げ比較していきます。

 

1.おまとめローンを利用した後に過払い請求する場合のメリットとデメリット

おまとめローンは信用情報が悪くならないところがメリットです。

おまとめローンで今ある借金を完済しても信用情報は悪くなるどころか、銀行からの借り入れ一本になるために、信用情報は改善する可能性もあります。

そのため新しくクレジットカードを作ることも出来ますし、新たに消費者金融からお金を借りることも可能です。

場合によっては住宅ローンを組むこともできるそうです。また、おまとめローン利用後に過払い請求をした際に、信用情報が傷つかないという事もメリットです。

 

一方、手間がかかることがおまとめローンのデメリットです。

銀行からの融資を受けるための審査を受けなければならないので、その手間がかかります。

 

つまり、銀行から融資を受けるための審査の手間をかけても良いという方は、おまとめローンを使って借金を完済するメリットが存在します。

 

2.債務整理をする場合のメリットとデメリット

債務整理のメリットは、借金の減額効果が強いことです。

過去に高金利で払っていた消費者金融に対しての債務整理の場合、払いすぎていた分借金の総額を減らすことができます。更に金利を0%にした上で3~4年の分割払いで残りの借金を返済することが出来るようになります。

この点が大きなメリットになります。

 

デメリットは信用情報が悪くなってしまうことです。

そのため新たに消費者金融から新たに借りることが出来なくなりますし、新たにクレジットカードを作ることはもちろん、既存のクレジットカードも使えなくなります。

また将来住宅ローンも組むことも難しくなってしまいます。

つまるところ、金銭的負担が大幅に軽減されるが今後の不利益も多い債務整理は、「おまとめローンが組めない方」に向いていると言えます。

 

このようにおまとめローンと債務整理は大きく違い、メリット・デメリットもはっきりしています。自分の経済状況や今後の予定、それらを鑑みてどちらが良いのかよく吟味するとよいでしょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

過払い請求すると今のおまとめローンはどうなるのか?

おまとめローンの返済方法とは

2012-08-13

毎月返済しているけれど、色々な会社に返済しているから、月々の負担が大きい…とお悩みではないですか?

おまとめローンでは、複数の会社からの借入を一元化して、毎月ひとつの借入先に返済していきます。

借入先を減らせば、返済状況も簡単に分かり、これからの返済計画が立てやすくなり、負担は断然楽になります

 

毎月返済していく方法には、下で紹介するようなものが代表的です。

 

①【元利均等返済】

元金と利息の割合は変化していきますが、毎月一定の額を返済していく方法です。

《メリット》

毎月の返済額は一定で、計画的で無理のない返済ができます。

《デメリット》

最初のうちの返済額に占める利息の割合が多く、元金がなかなか減りません。そのため、②の元金均等返済に比べて返済総額は多くなります。

 

②【元金均等返済】

元金を返済回数で割った額と利息の合計を毎月返済していく方法です。

《メリット》

返済していくうちに減っていく元金に比例して利息も減り、月々の返済額は少なくなっていきます。元金が均等に減るため、①の元利均等返済に比べて返済総額は少なくなります。

《デメリット》

最初のうちの返済額が多く、負担が重くなります。

 

返済期間が長ければ長いほど利息が増えて、総支払額の負担が大きくなります。そこで、毎月返済していく中で、臨時収入があって余裕のある月には多く返済することができる方法をとっている会社もあります。

 

おまとめローンを使えば、複数の借入先から借入れている場合に比べ、少ない負担で計画的にローンを返済でき、早期のローン完済が期待できます。

おまとめローンでこれからどのように返済していけばいいのか詳しく分からない方・不安がある方は、ぜひ一度お電話ください。無料でご相談させていただきます。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

利息が安くなるので、返済総額を減らすことができるおまとめローン

過払いを受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

2012-07-30

おまとめローンに関心がある方は、自分におまとめローンが適しているかどうか、自己診断してみましょう。

 

■複数の金融機関から借り入れをしている(YES NO)

A社、B社C社・・とそれぞれの借入先の残債や完済予定、金利などをすべて把握していますか?

複数の金融機関からお金を借りていると、家計の管理が複雑になります。借入先を一ヶ所にまとめることで、家計管理がシンプルになり、お金の動きを把握しやすくなります。

 

■金利の高い時期に借りたローンをそのまま返済中だ(YES NO)

複数の借入先から借入をしている場合、それぞれの金融機関の利息が何%か答えられますか?

もし、利息に無頓着で、長年続いている借金の返済をそのまま続けているような場合は、おまとめローンにすると利息が下がる可能性があります。利息が下がれば、月々の支払い額が減るので支払いが楽になります。

 

■金融機関ごとに返済日がバラバラだ(YES NO)

複数の借入先に毎月返済する期日がバラバラだと、年中借金の返済に追われているような気持ちになります。おまとめローンを利用すれば、支払いが月に1回で済むので、支払い日に関する精神的な負担が軽くなります。

 

■消費者金融からの借入があることを周囲に知られたくない(YES NO)

おまとめローンを扱っているのは銀行が中心です。消費者金融に借金があることを家族や婚約者に知られたくない場合は、銀行のおまとめローンに乗り換えれば、後ろめたさを感じなくて済みます。

 

YESが3つ以上ある方は、おまとめローンで借金を一まとめにし、返済を楽にするのが良いかもしれません。

当事務所にご相談を希望される場合は、無料相談をご利用ください。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

過払い請求とクレジットカードの関係

過払い請求と住宅ローンの関係

過払い請求と信用情報の関係

利息が安くなるので、返済総額を減らすことができるおまとめローン

2012-07-29

おまとめローンは借金の残りは減りませんが、利息が安くなるので月々の支払いが軽減されるローン

おまとめローンの利用を考えている方の中には「月々の支払い額は減るということは借金の額が減るわけだ」と思っている方もいらっしゃるようです。おまとめローンで月々の返済が減るのは、利息が低くなるからであって借金の総額が減るわけではありません。このことを良く理解した上で、おまとめローンについて検討するようにしてください。

 

おまとめローンが向いているのは金利が高い頃に借りた借金がある方

現在返済中の借金の中に、グレーゾーン金利が適用されていた当時の高い利息が適用されているローンがあったとします。現在はグレーゾーン金利は撤廃されていますから、そのような高い金利を借金に支払うことはありません。結果的に、低金利のおまとめローンに乗り換えることで、大幅に月々の支払いを減らすことが可能なのです。

 

おまとめローンを先に申し込んでから過払いの請求をするのが基本

「現在返済中の借金をおまとめローンに乗り換えたら、貸金業者との契約がなくなるので過払いが取り戻せなくなるのでは?」という心配は無用です。むしろ、過払いが発生している人こそ、おまとめローンを利用してほしい方々なのです。

先に過払いの返還を申請すると、その借金は「契約を見直した」という記録があなたの信用情報に残ります。一方、おまとめローンは、他のローンと同じく申し込み時には審査があるので、契約の見直しをした場合は、その後一定期間はローンの審査に通らない可能性があります。おまとめローンを利用した後も、もちろん過払いの請求は可能です。

おまとめローンは、利息が下がって月々の支払いが楽になる上、信用情報に傷を付けずに過払いを申請できる消費者の味方と言えるでしょう。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの審査

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

2012-07-28

複数の借金を長年に渡って返済してきた方に過払いが発生している可能性があるとします。取引履歴を取り寄せて計算した結果、その金額もはっきりして、あとは貸金業者に請求をするだけという場合、先に請求して現金を手にしたいと思うのはごく自然な成り行きです。

しかし、ここでちょっと我慢をして、先に複数の借金をおまとめローンでまとめることを検討してほしいのです。

 

過払いを受け取っても借金を完済できない場合が問題

現金として手元に戻って来るのは、借金の残りの金額より過払いの方が多いケースです。借金の残りが30万円あり、20万円を取り戻したとしても、借金と相殺して残りの10万円は返済しなければなりません。

金融機関では、返還した後で残りの借金の返済を行う契約者に関して信用情報に「契約の見直しをした」として記録します。つまり債務整理をしたと見なされるので、将来にわたって一定期間の間、新規の借り入れをする際に影響があります。

おまとめローンの申請を行っても、信用情報を閲覧した金融機関がローンの申請を却下する可能性が高いと言えます。

過払いの請求をして、借金の残りは大幅に減ったとは言え、その後も複数の貸金業者に借金を返済する生活に変わりはありません。

そのようなリスクを避けるには、先におまとめローンの申請をするべきです。その金額がいくらになるか、それを受け取っても完済できないか?といったことは、個人ではなかなかわかりにくいので、気軽に無料相談をご利用ください。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

クレジットカードとの関係

住宅ローンとの関係

信用情報との関係

請求で、新規の借り入れやクレジットカードの作成に問題が生じる・・・?

2012-07-22

貸金業者から借入がある方が過払いの請求をすると、それが確定して支払いが行われるまで、借金の返済はストップします。月々の返済義務が一時的にでもなくなるのなら、一刻も早く請求をしたい!と思う方がいるでしょう。しかし、この借金の返済の一時的な中断には、思わぬワナが潜んでいます。

借金の返済をストップするということは、契約上の支払い義務が遅れているということになります。すると、「支払停止」という情報が、信用情報のデータベースに記録されてしまうのです。

 

信用情報に載った記録は、一定期間が過ぎれば削除されるので、一生不利になることはありません。しかし、新規の借り入れをしたり、新しくクレジットカードを作る際には、金融機関は必ず信用情報を確認するので、申請が却下される可能性があります。

 

しかし、おまとめローンを先に申し込むことで、この問題を解決できます。

おまとめローンで複数の借金をまとめることで、利息が下がるので月々の返済額は減りますから、これまでと同じ金額を返済に充てるとすれば、借金の完済時期がぐっと早まります。

すべての借金を完済した後なら、クレジットカードの申し込みなどに何も支障はありません。

 

このように、ちょっとした手順の違いであなたの信用情報が良くも悪くもなるのです。

過払いの請求をする場合は、無料相談を積極的に利用して慎重に手続きを進めてください。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

過払い請求とクレジットカードの関係

おまとめローンの審査

自己診断チェック表 ~自分は、おまとめローンに向いているのか~

受け取ってからおまとめローンの審査に受かる場合もある?

2012-07-15

過払いを請求して、借金の減額や利息の減免を貸金業者と交渉した場合、債務整理をしたことになるので信用情報に登録されます。

債務整理は事故情報の一種なので、その後数年間は、新たにローンを組もうとしても審査に通らないことがあります。

 

そのため複数の借金を長年返済し続けて過払いが発生している可能性がある人が、それを取り戻しつつ低金利のおまとめローンに乗り換えたいという場合は、まずおまとめローンの申し込みをしてからその請求をするのが得策です。

この順序が逆になると、信用情報を調べた銀行がおまとめローンの審査を通さない可能性が高いのでくれぐれも順序を間違えないようにしてください。

 

巷では「おまとめローンを組むと借金を完済したことになるので過払いの請求手続きが複雑になる」などという解説をしている個人サイトがありますが、そのような誤った情報を鵜呑みにしないようにしてください。

 

ただし、一つだけ、過払いを受け取ってからおまとめローンの申し込みをしても大丈夫なパターンがあります。

それは、借金の残りの額より払い過ぎた利息の方が多い場合です。

そのようなケースでは、借金を減額したことにはなりませんし、過払いの請求という行為が信用情報に登録されることもありません。

 

しかし、自分の借金の額と払い過ぎたお金のどちらが多いかということを個人で把握するのは困難です。

正確な過払いの金額を算定して、今後の道のりを決めたい方は一度無料相談でご相談いただければと思います。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

おまとめローンの審査

過払い請求をするべきか、それともおまとめローンを利用するべきか・・・

過払い請求すると今のおまとめローンはどうなるのか?

ページの先頭へ